【効果実感】イヌリンサプリランキング@含有量が決め手!

イヌリン サプリ

 

効果を実感するために必要なイヌリンの摂取量は?

 

イヌリンの正しい目安摂取量に関してですが適正な目安摂取量は8〜14gと言われています。イヌリンに含有されている食物繊維というのは整腸作用があり便秘や下痢の改善、老廃物を排出してくれます。ちなみに、どういった食材に含有されているのかというと、菊芋、ごぼう、たんぽぽの根に含まれていることがあり、その中でも菊芋のイヌリン含有量が非常に豊富であるといわれております。

 

では、目安摂取量をしれば当然、その目安で摂取すると思いますが、もし過剰摂取してしまったらどうなるのかというと、この場合、ガスが溜まったり、便秘になったり、下痢になったりということを引き起こしてしまいます。ただ、こういったような副作用というのはイヌリンだけではなく過剰摂取してしまえば多くの食材が同じようなことになりますので、とにかく出来るだけ目安摂取量を覚えておくといいでしょう。

 

効果は整腸作用だけではなくインシュリンと同じ働きをすることで糖尿病の予防や改善をしてくれますが、そんな健康効果や美容効果が高いイヌリンの摂取方法についてはまず食事から摂取するという方法があります。前述したように野菜類に含まれていることも多いのでそういったものを食事に取り入れることで摂取することが可能になります。しかし、今ではサプリメントなども販売されていますので、そういったサプリメントで摂取するというのもいいでしょう。さらにごぼう茶などもありここかから摂取してもいいでしょう。

 

有能なイヌリンの効果

 

イヌリンは、水溶性の食物繊維で、多糖類の一種です。腸内でフラクトオリゴ糖に分解され、善玉菌のエサになってくれる効果があり、腸内でゲル状になり、他の食品や水分を絡め取って便を作って排出しやすい状態にしてくれます。

 

菊芋やチコリ、ニラなどの食品に多く含まれているもので、その働きによって糖質や脂質の吸収を防ぎ、糖尿病などの生活習慣病の改善や予防に効果が期待されている他、美容面でもデトックスやダイエットに最適だと言われています。その他にもアレルギー疾患などの予防や改善にも効果があると期待されています。

 

イヌリンは副作用の心配が少ない成分としても注目されていて、基本的に食物繊維ですから、糖尿病の治療中などで、他の薬やサプリメントが摂取できないような場合でも影響を与えることなく血糖値の低下などに利用することができます。

 

ただし、どうしても過剰摂取によってお腹がゆるくなることは避けられません。長期にわたって大量に服用するのは避けた方が無難です。安全な摂取方法としては、目安量は1日8〜14g、目安期間は8週間程度が良いでしょう。

 

また、アレルギーを起こす体質の人もいるようで、摂取後に何か体に不具合がある場合には、一度アレルギーの有無をチェックしてみた方が良いかもしれません。

 

多くの健康効果を持っているイヌリンは、正しく使ってこそその健康効果を発揮してくれます。容量用法には十分注意して、イヌリンを健康づくりに役立てましょう。

 

血糖値を下げる

 

イヌリンは菊芋やゴボウなどに含まれている成分ですが、このイヌリンが糖尿病に有効という話があります。イヌリンは「天然のインスリン」と呼ばれるほど、血糖値の改善効果が高いと言われています。

 

イヌリンは水溶性の食物繊維で、体内に入っても消化されずに便として排出されていきます。イヌリンは他の摂取した食品を絡め取って一緒に排出させてくれるので、他の栄養素の吸収を妨げる効果があります。そのため、糖質の吸収を防いで血糖値を下げてくれるのです。

 

また、こうした働きで多くのインスリンを必要としなくなりますから、それによってインスリンを分泌するすい臓の負担を減らし、すい臓の機能を高めてくれます。

 

イヌリンは薬ではないので副作用もありませんし、また眠くなったりすることもありません。昔からヨーロッパでは糖尿病の改善などに利用されてきた実績のあるものですので、その効果も安心です。

 

イヌリンを多く含む菊芋はスーパーで簡単に手に入るものではないので、安定供給が難しいという点でも、天然の食品からだけの摂取は限界があります。

 

ですから、イヌリンを健康効果が期待できるレベルで安定して摂取するには、やはりサプリメントなどに頼ることになるでしょう。こういったものは品質も安定していますし、何よりもイヌリンの含有量が多いので、無理なく摂取できます。血糖値が気になりだしたら、イヌリンサプリメントを考えてみて下さいね。

 

コレステロールを下げる

 

イヌリンは血糖値を抑制する効果が高い成分として注目されていますが、実は糖質だけでなく、コレステロールの吸収も防いでダイエット効果を提供してくれます。

 

そもそもイヌリンは水溶性食物繊維の一つで、他の食品の糖質や脂質などを絡め取って一緒に排泄してくれる特徴があります。そのため、コレステロールの吸収を抑えて血中コレステロールの増加を防いでくれるのです。

 

イヌリンは特に腸内で溶け易い水溶性の性質を持っているため、腸内でゲル状の繊維となって、過剰なコレステロールを体外へと排出する効果が高くなっています。すでに体内に入っているコレステロールを分解するようなものではありませんが、新規に入ってくるコレステロールを減らすことによって、自然と体内のコレステロールは消費されたり排出されるために血中コレステロールは下がっていきます。

 

薬と比較すると即効性こそありませんが、徐々に効果を発揮してくれるはずです。そのためにも、効果が出るまでは毎日継続して摂取し続けたいものですが、食事からは摂取量が安定しにくいので、サプリメントによる摂取がおすすめです。

 

また、イヌリンは腸内環境を改善することによって、全身の血流もよくしてくれるので、代謝が高まると言われています。そのため、エネルギー消費もよくなり、結果的に体内の脂質の分解も早まっていきます。

 

ダイエットなどでもっと効果を出したいという人も、イヌリンの摂取をぜひ考えてみてください。

 

クレアチニンを下げる

 

腎臓がどのような状態をしているのかを示しているのがクレアチニン値という数値です。

 

クレアチニンはアミノ酸の仲間なのですが、筋肉運動をすると分解され、老廃物になります。
そして、この老廃物は腎臓に送られ濾過されて、無毒化されてから尿と一緒に体外に出されるのですが、腎臓に障害が生じてしまっていたり機能が低下してしまっていると、正常に濾過をすることができずに血液中を漂うことになります。
この血液中に漂っているクレアチニンを調べることで、腎臓の状態がわかるようになっているのが、クレアチニン値なのです。

 

基準値を超える数値になっていると、腎臓病などの発症リスクが高いと考えることが出来るのですが、逆に少なすぎると今度は筋肉に何かしらの問題がある可能性があります。
ですので、クレアチニン値は、基準値の範囲内を維持するようにしておかなくてはなりません。

 

基準値はどれくらいなのかというと、女性の場合で0.4mg/dl〜0.9mg/dl、男性の場合で0.6mg/dl〜1.2mg/dlとなっています。

 

腎臓の働きが半分を下回ってしまうと、クレアチニンが多くなっていき、数値も上昇してしまいます。
そして、20%を下回っていると腎不全、5%を下回っている場合は人工透析をしていかなくてはならなくなってしまいます。

 

このクレアチニン値を下げる働きがあるものとして、菊芋があります。
デンプンの代わりにイヌリンが含まれている食物なのですが、菊芋を食べてクレアチニン値を低下させることができたという報告もあります。
その因果関係についてはまだ分かっていないのですが、先ほど紹介したイヌリンによってもたらされているのではないかと考えられているそうです。

 

イヌリンというのは、血糖値を上げすぎないようにする働きがあります。
血糖値が高い状態が続いてしまうと糖尿病を発症してしまうことになるのですが、糖尿病の合併症の一つに糖尿病性腎症というものがあります。
この病気は腎臓にある糸球体に問題を生じさせ、正常に老廃物などを排出することができなくなってしまいます。

 

これによってクレアチニン値が高くなってしまうのですが、イヌリンで血糖値を抑えてくれるため、糖尿病対策や改善が期待できるとされており、間接的に腎臓への負担も軽減されて、クレアチニン値を下げることができているのではないかという説もあります。

 

便秘解消

 

日本ではストレスに悩む人が多いからなのか、または食生活の欧米化の影響なのか、便秘に悩む人の人口は、1000万人以上だと言われています。

 

そのため、便通を改善するための食品やサプリメントなどは人気が続いています。そういった食品の代表が、言うまでもなくヨーグルトです。

 

多くの場合、乳酸菌を生かすためにヨーグルトにはオリゴ糖が含まれています。オリゴ糖は善玉菌である乳酸菌のエサになるため、一緒に入れることによって腸内でより善玉菌が増加しやすいようにしているのです。

 

しかし、オリゴ糖は同時に悪玉菌のエサにもなり得る可能性があります。乳酸菌が生きて腸に届かなかった場合には、オリゴ糖は悪玉菌に使われてしまいます。

 

お腹の調子を改善するための成分として注目されているイヌリンは、オリゴ糖と同じく、善玉菌のエサとなりますが、善玉菌しか増やさずに悪玉菌は抑制するという非常に都合の良い特性を持っているので、腸内環境の改善のために特に有効と言われています。

 

イヌリンは菊芋と呼ばれる食品の他、ゴボウやニンニク、ニラ、玉ねぎなどに含まれています。サプリメントも多く出ているので、摂取することは難しくありません。血糖値の改善や脂質異常などの改善にも有効ですので、便秘だけでなく健康増進ためにいろんな分野で用いることが可能です。

 

イヌリンは食物繊維の一種ですから、普通に摂取しても排便を促進する作用があります。便秘で悩んでいる人は、一度イヌリンを試してみると良いでしょう。